精力減退からEDへ!解決策は?

心臓や血管の疾患はEDの原因となり、高血圧は血管が常に圧迫され続けて、血管が傷ついて動脈硬化になります。そして高脂血症もEDの原因になるものの1つで、動脈硬化を患ってしまうと、血管が狭くなって血の巡りが悪くなり陰茎まで血が運ばれなくなります。
逆にEDがきっかけで狭心症などや高血圧など病気が見つかったりします。EDは血管や心臓に関係があるからです。糖尿病がEDの原因になることも有名です。前立腺癌、膀胱がんの摘出手術は陰茎海綿体の血管、神経を損傷するリスクがあって、交通事故による骨盤骨折もEDの原因です。
陰茎に血液を運ぶ内因武道脈の動脈効果により、陰茎に流れる血の量が減ることで勃起が不十分な状況になることもあります。経験したことがある方もいるでしょうが、一応勃起してもセックスで挿入できるぐらい硬くならないのは、タバコの血流障害が原因かもしれないです。少量のアルコールは精的興奮をうながすこともありますが、血中アルコール濃度が高くなれば、大脳全体が抑制され勃起機能が停止。そして沢山アルコールをとれば、肝機能も低くなって、精力減退につながるのです。
お酒の力を借り女性を誘っても途中で中折れしては逆に女性をがっかりさせてしまうことにありますから、酔った勢いはお勧めしません。外食、インスタント食品、コンビニ弁当を食べることが多い方は食生活にも注意しましょう。インスタント食品など偏ったものは亜鉛不足になり、亜鉛は新陳代謝など私たちの体に必要なものです。精力の減退は早期対策をしましょう。